オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
タブレット

現代はパソコンやスマートフォンが普及し、仕事やプライベートでこれらを長時間使用する方が増えています。
それによって、目を酷使することになり、疲れ目になってしまいます。
パソコンやスマートフォンなどで目が疲れてしまう理由は、長時間同じ姿勢で画面を凝視するため、目に負担がかかってしまいます。
まばたきの回数も自然と減ってしまうので、目が乾いたりショボショボするなどの症状があらわれてきます。
そして、現代人は睡眠時間も減っていることもあり、疲れた目が十分に回復する前にまたパソコンやスマートフォンなどを使用することになり、慢性的に目の疲れを感じるようになります。
また、食生活が偏っていたり、ストレスを抱えていたりすると、自律神経に影響を与えてしまって、目の疲れへと繋がってしまいます。
他にも、コンタクトやメガネの度が合っていない、加齢による老眼なども原因の一つです。
目の疲れを感じたら、目を酷使せずに遠くを見たり目を休めたりするのが大切です。

改善方法

疲れ目を改善する方法には幾つかあります。
まず、長時間のパソコンやスマートフォンの使用を避けるようにして、目が疲れたと感じたら、外の景色を見たりなどして、遠くを見るのがおすすめです。
また、家で簡単にできる方法として、蒸しタオルで目を温める方法です。
目の周りの筋肉やツボなどが温められるので、目の緊張が解けて疲れが改善します。
そして、目に良い食品を取るのもおすすめです。
ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、目の疲れを取るのに役立ちます。
また、ビタミンB群には粘膜を強くしたり修復する効果があるので、これらが含まれている野菜を取るのが良いでしょう。
食品から摂取するのが難しいなら、サプリメントがおすすめです。
値段も安いものなら1000円台からあり、高価なものは1万円を超えるものもあります。
サプリメントなら気軽に摂取することができるので、自分の症状や予算に合わせて、続けやすいものを選ぶのが最適です。